• 遺品整理の流れ
  • 遺品整理のサービス・料金
  • 遺品整理業者の選び方
  • 遺品整理の対応地域
  • 遺品整理のビフォーアフター
  • 遺品整理の流れ

遺品整理の時期

遺品整理の時期

遺品整理をする時期については、法的な決まりはありませんので早すぎる、遅すぎる、ということはありません。

仏教の考え方では四十九日法要までは故人様が現世と来世を彷徨っている、と言われますので、遺品整理はその後で、と主張される場合もあります。
しかし賃貸住宅の場合、賃料の発生の関係から月末前に、とご依頼を受けるケースもあります。故人様とご遺族の方々のお住まいが遠方の場合などには、初七日法要の前後に遺品整理をされるケースもあります。
ご遺族の方々で遺品整理を始めてみたものの、故人様のことを思い出してつらくなり、ご依頼を頂くケースもあります。

いずれにしろ、ご遺族の方々がご納得になるタイミングこそが、遺品整理の最適な時期と言えるでしょう。

遺品整理をする前に

遺品整理に関する無用なトラブルを避けるためには、換金可能なもの(遺産相続の分配対象とするもの)、形見分け品、処分するもの、にできるだけ早い段階で分けておくと良いでしょう。

遺品整理後に、価値のある品が含まれていたのに処分してしまった、欲しかったものがあったのに行方がわからなくなった、などのトラブルを未然に防ぐことができます。

  • 遺品整理のオプションメニュー
  • 特殊清掃
  • 生前整理
  • ゴミ屋敷対応
  • リフォーム・原状回復
  • 遺産相続
  • 不用品回収
  • 遺品整理の豆知識
  • よくあるご質問
  • 遺品整理士とは
  • 遺品整理の時期
  • 遺品の行方